オナ電で女性を快感にさせるコツ

オナ電の醍醐味は、目に見えない「声」から相手の姿を想像して楽しむこと。 見られていないという安心感からか、躊躇なく暴れる女性も少なくありません。 オナ電したい相手も声フェチなら、これが一番の解決策になります。 また、おな電はテレセ(テレフォンエッチ)と似ていますが、厳密には少し違います。 テレセは電話越しに、本当にエッチしているかのように言葉を交わしてエッチをする。 オナ電は、命令でオナ配信をしたり、どんなオナ電なのか艶めかしくしたり、愛撫の音を出したり、といった具合に。 おな電の基本的な方法(流れ 漠然とした状態からスタートしてもいいのですが、実際にどのようにすればいいのかわからないという方も多いと思います。 事前にやり方や流れを覚えておくことで、おな電の時に慌てることが少なくなります。 男性が主導権を握ることが前提なので、男性が主導権を握った状態での流れを簡単に解説していきます。 すでにおなデンの相手と約束をしている段階からお話ししましょう。 静かで薄暗い空間を確保する。 まず、お互いがリラックスできる状態を作ることが大切です。 トイレや入浴後など、お互いがトランス状態になっているときがベストです。 また、オナ電相手に十分な準備をして来てもらうのも良い方法です。 また、部屋の電気は消すか、暗くしてもらいましょう。 適度な暗さであれば、気持ちも落ち着き、リラックスすることができます。 したがって、声もやわらかく発せられるようになります。 したがって、夜が深いとき、誰にも邪魔されない空間がベストです。 声だけが頼りなので、聴覚だけに集中せざるを得ない。 視覚や触覚がないため、いつも以上に想像力に鞭打たなければならない。 おかげで、息や唾液の音まで敏感になり、聞き取りやすくなる。 まずは軽い世間話から始めて、対応を考える。 初めての相手との電話では、緊張することも少なくありません。 いきなり指示を扇動せず、自分の緊張をほぐすために世間話から始めても問題ありません。 初心者はまず、焦って早口にならないように気をつけるようにしましょう。 まず、「はじめまして」から始まり、「職業」「休日の趣味」などを話します。 そして、「責め派か受け派か」「どんなプレイが好きか」「今、どんな服を着ているか」などにシフトしていく。 会話が長引かないように、5~10分くらいでオナ電を始められるといいですね。 相手の女性がどんな性格なのか、オナ電の仕方を考えます。 話し方、声の強弱、口調、笑い方、かすれ声、リアクション…などを考えてみます。 といった具合に。 例えば、受け身で気弱そうな女の子だったら、あまり言葉攻めは控えるようにします。 これは相手にもよりますね。こうすればいい!」とは言えません。 知識だけでなく、経験や直感で判断する必要があります。 また、電話に出た瞬間からオナ電をしている女性もいます。 その場合、チャットもせずにいきなり相互オナ電を始めることもあります。