美肌菌と育菌スキンケア

美肌菌と育菌スキンケアという言葉を、最近知りました。
多分、普通の人は知らないワードかと思う。
だが、美肌菌も育菌スキンケアも文字を見れば、なんとなく分かる。
正直、そのまんまです。
美肌菌に関しましては、わたしたちの肌に棲んでいる菌のことを言う。
その、美肌菌はなんと、200種類以上もあり、1兆個にもおよぶらしい。
菌は菌でも、美肌菌です。
とても、わたしたちにとっては嬉しい存在の菌だ。
でも、この美肌菌は、ヘタをするとバンバンと殺菌をされてしまうらしい。
なんとも、もったいない話ですよね。
そこで、重要な考えになるのが、育菌スキンケアです。
これも、そのまんまの意味。
美肌菌も育菌スキンケアという考えは、本当に本当に大切かと思う。
でも、残念なことに、この二つのワードさえ知らない人がいるということ。
この美肌菌と育菌スキンケアという言葉が、流行れば、みんなの肌はツルツルプルプルのはずだ。
みんな、肌がツルツルプルプルが良いに決まっています。
当たり前だ。
なので、頑張ってわたし自身が美肌菌と育菌スキンケアを把握していきたいと思います。
で、インターネットで公開をしていく。
あわよくば、インフルエンサーになりたい。
美肌菌を増やす方法や効果を、明確に伝えることが出来れば、良い感じにバズるかと思う。
そんなに甘くないだろうか?
ただ、食べ物や化粧品などで、美肌菌の増やし方があれば、それは広がるだろうと思います。
美肌菌を育てる育菌スキンケアというページを参考にして、実践をしていき、自分の物にしていこうかと思う。
わたしのなかで解釈をして実践が出来れば、今後は美肌には困らなくなるのではないでしょうか?
なんで、美肌菌と育菌スキンケアという言葉が日本で流行らないのであろう。
理由は、化粧品会社の売り上げが下がってしまうからだと思われます。
プチプラの防腐剤や界面活性剤などが入っている化粧品を使うと、美肌菌は消えてしまう。
ということは、化粧品は本物のオーガニックコスメを使わなければいけないということだ。
要するに、美肌菌と育菌スキンケアという言葉が流行ってしまうと、普通のプチプラなどは売れなくなってしまうのだろう。
そうなってしまうと、日本の化粧品業界は大打撃を受けてしまうと思います。
だから、美肌菌と育菌スキンケアという言葉が流行らないのではないでしょうか?
でも、肌にとっては美肌菌と育菌スキンケアという考え方は、とっても重要です。
だから、今後は美肌菌を増やす方法や増やし方を研究をしていき、発信をしていく。
効果の良い化粧品や、食べ物などを見つけたらバンバン投稿するよー。
おったのしみに♪
それにしても、美肌菌と育菌スキンケアというワードって、本当に大切ですね。
このブログを書いていて、改めて大切さに気が付きました。
良かったです。
この感情を友達にも、伝えたい。
今度、機会がありましたら、美肌菌と育菌スキンケアのことを友達に教えようかと思います。
その時に、さきほど紹介したページも一緒に教えようかとも思っている。