小学生が近所で学べる!サイバーエージェントが運営するプログラミング教室

2025年の大学入試共通テストからは、プログラミングが情報という教科の中の1つの単元として試験科目になると取り決められています。そうすると将来的には入試にパソコンスキルが求められる状況も予想されます。プログラミングの試験となるとタイピングスキルがあるかないかで、時間的な余裕があるかないかの差がずいぶんと付く印象があります。
つまり小学生は単にタイピングスキルだけをスキルアップするのではなく、プログラミング学習と絡めてやると一石二鳥で効率の良い対策がおこなえます。勉強は何の意欲もなくやるよりも最終到達地点を据えてできたほうがやりがいがありますよね。小学生がプログラミングスキルを身に付けるなら、とりあえずはビジュアルプログラミングから始めるのが良いでしょう。
というのも、いきなり何らかの言語に取り組んでも、難易度が高すぎて挫折してしまう可能性があるからです。ビジュアルプログラミングは言語を書くのではなく、あらかじめコンピューターへの指示が書かれたブロックを駆使しておこないます。アニメーションやゲームを作れたり、ロボット作りもビジュアルプログラミングで対応できるので、初めてプログラミングに挑戦する小学生におすすめの言語です。
小学生がプログラミングを学習するには、教室に通うのが最も適した手段だと言えます。なぜなら教室なら先生にわからないところをすぐに質問できるからです。もちろん自宅からのオンラインでもプログラミング学習はおこなえますし、直接質問することも出来ます。しかし、結局自宅だとお子さん一人の事例しかないのにたいして、教室受講はほかのお子さんのプログラミング学習の事例を参考にすることもできます。キュレオプログラミング教室の無料体験授業で良かったのは先生の声がけです。
一律に声をかけるのではなく、子供に寄り添った声がけを見て信頼できるプログラミング教室だと感じました。一緒の教室で学習していても、生徒それぞれは進捗状況が異なります。子供の現状に応じた声がけが可能なのはやっぱり塾の先生だと感心させられました。たぶん常日頃の授業だとしても、子供が接しやすいシチュエーションを作り出してもらっているんだろうとたやすくイメージできます。
キュレオで頑張ればプログラミング検定の資格も取得できて、やがてその積み重ねが自信につながります。家でも学べるプログラミングですが、キュレオの口コミを見るとやはり初心者は教室でしか得られない恩恵があることがわかります。キュレオは無料体験授業もあって、プログラミング教室としては安い月謝で学べます。さすがIT大手のサイバーエージェントが運営するプログラミング教室。全国に2,700以上の教室があるので、まずは近くにキュレオの教室がないかチェックしてみてはいかがでしょうか。