大台の3桁になったことに悩んだ私が実践したダイエット方法

2年前に高齢出産をしましたが、若い頃とは違い、母乳で育てたにも関わらず体重が減らずにとうとう大台の3桁になってしまいました。今年の10月に旦那の実家に帰省予定ですが、それまでに何としてもお腹周りをスッキリさせたいと思いダイエットを始めました。
私が実践したダイエット方法は、一日8時間の間に食事を済ませて、残りの16時間は空腹で過ごすという方法です。甘いものも、お肉も大好きで、あれは食べられない、これは我慢しなければいけないなどがあると、食べることが大好きな私にとって苦痛でしかないので、何を食べてもいいこの方法にしました。
私が16時間空腹ダイエットを実践してどうだったかというと、大成功です。今まで様々なダイエットを実践してきましたが、食事制限やカロリー計算をしなければいけなかったダイエット方法はことごとく失敗に終わりました。こんなに我慢したのに、まったく体重が変わらないなんてとため息ばかりでした。しかし、このダイエット方法なら、大好きなスイーツも、炭酸飲料も、お菓子も、面倒なカロリー計算すら必要がないのです。辛かったのは最初の一日だけです。しっかり消化活動が終わった状態で就寝していたので、睡眠の質も上がったと思います。夜更かしだったのですが、寝ている間も空腹時間にカウントされるので、子供と早く寝る癖がつき、早寝早起きで健康的な生活が送れる様にもなりました。
16時間空腹ダイエットをおすすめしたい人は、食べたいものの種類を制限したくない人や、カロリー計算がめんどうな人にぜひおすすめしたいです。おすすめしたくない人は、空腹が我慢できない人です。空腹は慣れてしまえば私は平気になりましたが、中にはいつまでたっても空腹が耐えられない人もいると思います。空腹でイライラしてしまうのであれば、無理にこの方法を試さない方がいいと思います。
好きなものを食べながら、オートファジー機能の活性化で若返りまで目指せてしまうこのダイエットです。空腹感さえ乗り越えられれば、きっと結果はついてくると思います。間食には味付けなしのナッツ類なら食べてもいいので、空腹感とうまく付き合いながら理想の体型を目指しましょう。
【PR】
秋田県の自動車保険でおすすめを探しているときこの専門ページはとても参考になります。